A

きょうや〜んとの気まぐれ日常日記!A

鬼畜王子委員長雲雀恭弥様とその世話係の少女のお話。

「お互いを互いに知って、それでもずっと居られ続けたら」

「もう、一人じゃないよ」
そういって、少女は目を細め―・・・笑った。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ