霜月夜ノ唄。
霜月夜ノ唄。




      
 拶 人 唱 唄 燵 譜 団
  。 。 。 。 。 。 。





夢は儚くも屈強である。

夢花に霜が張ろうが、

月が雲に隠れようが、

唄が闇夜に覆われようが、

夢は、終わらない。


二〇〇六年霜月三日。


ブックマーク|教える
訪問者20837人目




©フォレストページ