几帳面少年と自然的少女




家名を汚す存在となった私に、手を差しのべてくれた人がいる。


私はその人のために、今を全力で生きるんだ。




そして、私の存在を親戚に認めてもらうんだ―――。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ