夢小説

昔々あるところに、雪のように白い髪に金色の瞳のそれはそれは美しい魔女がいました。
あまりの美しさに神様は、彼女の時を止めたのです―――。


―『雪の魔女』―

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ