溺れ荘
淡い水色をした水溜りに
そっと足を入れた

それは思ったより深くて

深くて…深くて…

堪らず手を伸ばした

辿り着いた先は
夢のような空間

溺れ死んでしまいそうな
暖かな空間
.
.
info
story
profile

mail
Board


ブックマーク|教える
訪問者21989人目




©フォレストページ