世界存続の鍵を握る少女

「君に世界を救って欲しい」





突如投げられたその言葉。





貴方は受け入れられるだろうか。
貴方は素直に頷けるだろうか。





少女は迷わずこう言った。





「この世界は私が守る」と。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ