未タイトル

記憶を失った少年が、病院で人を助ける話。
1人目は過去に執着して現実を見れなくなった女性。
2人目はお金や家族、社会的な役割と自分の人生の目的をすり替えて生きてきた男。
3人目は、「いつかは迎えに来てくれる」と信じて両親をひたすら待ち続ける女の子。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ