I B 信じる

「大切な人の命はいくら大切な物があっても代わりになれやしない
モノで心の穴を埋められる命なんてない
だから、信じます。」




IBの小説、いきなりの分岐


そしてそのひとつ、あの時の”青いの”を渡さないと決めた後…

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ