ヤミ
(やみ)

158a。
12月24日生まれ。
一人称は、あたし。
セミロングの黒髪で後ろの上部分だけ結わえており、毛先はクセっ毛。
少し切れ長の黒目。
両目ともあまり視力はよくなく、特に右目は弱視。
純血の東洋人だが、初期は白髪白目でその姿を知っているのはリヴァイのみ。
基本的に無表情に近く、感情の表出が乏しかったりするが時には笑ったり喜んだりと喜怒哀楽がはっきりと浮き彫りになることもある。
本人曰く、心も身体も不感症。
家族は既に他界しており、ある教会の裏手にある《EGUNA(“イグナ”と読む)》という隔絶された“対・巨人軍事施設”で育った。
《EGUNA》では頭脳明晰、運動神経抜群とトップの成績を誇っていたが、自他共に認める体力のなさで意外と軟弱体質でもある。




※※※※※※※※※※※※
紅白に陛下がついに進撃し、テンションやばくてわたしの心にも進撃してしまった結果、突発的に出来上がったお話です(*´∇`*)

※時期的にはエレン達が調査兵団に入団して5年位?まぁ限りなく適当。曖昧。※たまに原作の一部分を抜粋したりしなかったり。
※リヴァイに救われる。過保護なエルヴィン。変態なハンジ(性別不詳らしいので、とりあえず男性)。主にこの3人がメインでたまにエレン。
※オリジナルサイトからの設定をいくつか拝借。
※捏造部分満載。

[TOPへ]
[カスタマイズ]




©フォレストページ