ガム噛みチャラふわボーイ
外のセカイが
僕には眩しくて眩しくて
ずっと
目を瞑っていたんだ。
『僕』
『会話』
『本達』
『掲示板』

こっそりと指の隙間から
見えた景色は
前よりも
『色鮮やか』だった。


ブックマーク|教える
訪問者378人目


あーあ、ガム噛むの…疲れちゃった


©フォレストページ