心音の家



君の一番が僕じゃないことくらい


随分前からわかっていた。


だけど僅かな希望にすがって


つい口に出してしまう。


君に迷惑をかけたくない。


そう言いながら迷惑をかけるのも


また事実で―――


永遠に傍に居ることはできないと


そんなことはわかっている。


いつかは離れなくてはいけない。


でもまだそのときではないのなら


今だけは、傍に居させて下さい――


※文字サイズ「小」推奨















当ホムペの素材を頂いたサイトです。

闇ノ絵


ランキングに参加してます。
Rank.。StoryS。.




訪問ありがとうございます。





ブックマーク|教える
訪問者710人目
最終更新日 2013/10/07




©フォレストページ