スーパーロボット大戦V

□第十三話 ダイセイオー覚醒!!
1ページ/18ページ

アルビオン ブリーフィングルーム

室内にはアルビオンの主だった隊員たちが集まり皆、これから行う作戦についてクワトロから説明を受けていた。

クワトロ「これより、我々は地球軌道上より地上へ降下し、連邦軍の拠点ジャブローを占拠する。この作戦はアルビオン隊だけでは心許ないためラーディッシュのヘンケン艦長と新造艦アーガマのブライト・ノア艦長たちにも協力を要請した」

カミーユ「ブライトキャプテンがエゥーゴに加わったんですか!?」

クワトロ「ああ、ティターンズのエマ・シーン中尉とともに我々に加わってくれたよ。それと、カミーユ。君の知り合いファ・ユイリィという少女がエゥーゴの基地で保護されている」

カミーユ「ファが!!?一体どうして!?」

クワトロ「実はブライト艦長の乗る連絡船テンプテーションに彼女も乗っていたんだが、テンプテーションはティターンズとの戦闘に巻き込まれて大破したため、我々エゥーゴがテンプテーションからブライト艦長らとともにファも救助したのだ。基地からの報告では目立った外傷も無く落ち着いているそうだ」

カミーユ「よかった。ファは無事なんですね」

アポリー「カミーユの彼女か?」

カミーユ「違いますよ。単なる幼なじみです」

クワトロ「では、作戦を開始しよう。シナプス艦長よろしく頼みます」

シナプス「了解した。で、クワトロ大尉。アルビオンはこの作戦後に地球に降りたいのだが」

クワトロ「どうかしましたか」

シナプス「実は地球に我々の仲間に引き入れたい人物がいるんだが、どうかね」

クワトロ「分かりました。ではこの作戦が終了した暁にはアルビオンは地球に降下してもらいましょう。そうだカミーユ。君にもジャブロー制圧後地球で別の任務についてもらいたい」

カミーユ「別の任務ですか」

クワトロ「ああ、日本に行ってもらいたい」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ