スーパーロボット大戦V

□第八話 戦慄の螺旋城!
2ページ/10ページ

螺旋城 謁見室

北斗と銀河は謁見室に運ばれた。

螺旋城本体「これはまた大層な土産ですな。アルテア殿」

G・アブゾルート「本当に…。こちらにおいでになる前に、もう電童を捕えてしまわれるとは」

G・グルメイ「さすがは皇帝陛下の御信任の厚い親衛隊長殿」

アルテア「フっ。こんなことでもたついている貴様らが無能ということだな。もっとも、そのことは初めから分っていたことだが」

螺旋城三機将「くっ……!!」

アルテア「データウエポンの捕獲は元より私が陛下から全てを任せられているもの。螺旋城殿にも今後はそう心得ていただこう」

螺旋城本体「元より承知しております」

G・ウィッター「して、このものたちはどうなされるおつもりで?」

アルテア「陛下のもとへ送る。こんなものどもでも一応は電童に選ばれしパイロットだからな」

G・グルメイ「では、いずれはアルテア殿の配下に」

アルテア「ということになろうな。…仕方なかろう。GEARのファイターは選ばれし人でなければ操ることができぬのだからな」

G・アブゾルート「確かに…」

アルテア「凰牙の準備が整い次第、私はデータウエポンの捜索に向かう。…しばしこれを預けるぞ螺旋城。…死なすなよ」

螺旋城本体「仰せのままに!」

アルテアは謁見室から出て行った。

G・グルメイ「ふんっ!威張りくさりおって…ひ弱な人間の分際で!」

G・ウィッター「ただ凰牙に乗れるというだけでな」

螺旋城本体「だが、仕方あるまい。いい伝わるGEARの強大な力、やはり我らには必要なのだ」

G・アブゾルート「“心”とやらを持つ人間にしかそれを手にすることはできんというのならそれもよい。我らガルファはそれを利用させてもらうだけのこと。…ですな。御館様」

螺旋城本体「フフフフ!」


その頃、GEARの副司令ベガが螺旋城に潜入していた。彼女は凰牙に電童が捕らわれた時電童に掴まり共に、螺旋城に来ていたのだ。

ベガ(北斗、銀河君!急がなければぐずぐずしていたら二人はガルファの本星に…ん!?)

ベガは通路の向こうから誰か来たことを察知し身を潜めた。

ベガ(ガルファの城に人間!?…では、あれが凰牙のパイロット!?)

それは謁見室から出てきたアルテアだった。ベガはアルテアの後を追った。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ