スーパーロボット大戦V

□第八話 戦慄の螺旋城!
1ページ/10ページ

防衛隊 陽昇駐屯地指令室

武田長官「……というわけなのだ。その後、ライジンオー、ゴウザウラー、ダイテイオーは修復が完了次第防衛隊に来るよう要請したのだがガンバルガーは…」

甲児「確かガンバルガーは消えたとか言ってたな」

武田長官「そうなのだ。我々が気付いた時には消えておったのだ!」

さくら「あんなに大きなロボットが消えたんですか!?」

武田長官「ああ、残念なことにな(これを機にガンバーチームの正体を調べようかと思ったのだが)」

仁「ほんと謎だよな」

拳一「みんなで集まればいいのによ…」

モモタロウ「いや、それでもガンバーチームはカッコいいっス!!」

武田長官「ともかく、我々防衛隊とGEARは宇宙戦力を持っておらん。そこで諸君らには直ちに宇宙に上がってもらい、電童を奪回してもらいたい」

大神「敵の本拠地に行くとなると敵の数は相当なものだろうな…」

五郎「しかもそれだけじゃなく月には機械化帝国もいますし」

マリア「かなりの苦戦を強いられますね」

ダイヤ「でも行かなきゃ!今こうしている間にも北斗と銀河は待っているんだ!」

キャプテン・ルル「そうですね。…みなさん、電童奪回に向かいましょう!」

全員「おうっ!」


月 螺旋城

銀河「痛てて…離せ、離せってば!」

北斗「わああ、何すんだよコノ!」

凰牙に捕えられた電童は螺旋城に連れて行かれ、電童のパイロット北斗と銀河はコクピットから引きずり出された。

北斗・銀河「わあああ!」

二人は透明な入れ物に入れられた。

アルテア「慎重に扱え!潰してはならんぞ」

入れ物に入れられた二人を見るガルファの素体兵士たち。

素体兵士A「コレガ電童ノパイロットカ!?」

素体兵士B「アルテア様ヨリ小サイデハナイカ」

素体兵士たちは二人が入った入れ物を謁見室へと運んで行った。

銀河「ちきしょう〜、出せよ!出してくれよ。俺たちはチョウチョやカブトムシじゃねえぞ!!」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ