スーパーロボット大戦V

□第七話 結成!アンチエルドラン同盟
1ページ/25ページ

大空魔竜 ブリッジ

武田長官『実は、君たちがダイバーランドにいた間、こちらに異常事態が発生したのだ!』

キャプテン・ルル「一体何でしょう」

武田長官『実は…電童がガルファに鹵獲された!』

全員「!?」

勇太「……電童が!?」

武田長官『君たちのいない間にジャーク帝国、大魔界、機械化帝国らが手を結んでな。奴らをなんとか撃退はしたが、その後ガルファのロボットと戦闘になり、電童がそのロボットに捕らわれてしまったのだ』

甲児「奴らがとうとう手を組んだか!」

大神「大魔界!?」

マリア「隊長、どうしました!?」

大神「いや、大魔界という名を帝撃の資料庫で見たことがある…。戦国時代から存在が確認されていたらしい。たしか封印されたと書いてあったが…」

マリア「誰かが意図的に封印を解いた…ということでしょうか」

ダンプソン『一体誰が!?』


イエローガンバー、ゴンザレス「……ひえっっくしゅんッ!!」


武田長官『ともかく、大空魔竜隊も至急基地に合流してくれ。すでに、地球防衛組、ザウラーズ、ダンケッツの諸君も来ている』

キャプテン・ルル「わかりました。直ちにそちらに戻ります」

デッカード『キャプテン・ルル、我々ブレイブポリスも本件を誘拐事件として捜査し、電童救出に協力させてください!』

キャプテン・ルル「わかりました。ブレイブポリスのみなさんには引き続き電童救出作戦に参加してもらいます」

ダイヤ「待ってろよ北斗、銀河。今助けてやるからな!」


さくら「そういえば、メテオくんのロボットすごく強かったですね!」

メテオ「そ…そうですか?」

カンナ「ああ、セレーネさんとの息の合ったコンビネーション。最高だったぜ!」

マリア「ええ、とても初の実戦とはおもえなかったわね」

パワージョー『なんでメテオは戦う気になったんだ?』

メテオ「いや、セレーネさんが戦闘に参加したって聞いて、俺もスターヴォイジャーの力を人々のために使いたいと思ったんです」

セレーネ「私もメテオと同じ理由よ。私もみんなのために何かできないかと思ってたらスターゲイザーに乗っていたわ」

ダイヤ「そうだったのか」

大空魔竜は武田長官のいる防衛隊の基地に着いた。

ローサ「まもなく基地に到着します」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ