スーパーロボット大戦V

□第五話 二つの巨神現る!?
1ページ/26ページ

星見町での攻防戦後、大空魔竜はブレイブポリスと地球防衛組、マジンガーチームと別れて武田長官たちとともに防衛隊の基地へと戻った。

大空魔竜

カンナ「そういえば、最近メテオの奴見ねぇな」

マリア「そういえばそうね。何をしているのかしら?」

そこへ、セレーネがブリッジに入ってくる。

セレーネ「彼は今、この世界を調べるためこの世界の“マジカルゲート”をしらべているんです」

ダイヤ「え!?この世界にもマジカルゲートがあったんだ」

さくら「その“マジカルゲート”とは何ですか?」

キャプテン・ルル「マジカルゲートとは、コンピューターネットワーク内にある全世界の子供を対象にした仮想現実体験空間。いわば“子供だけの電脳テーマパーク”です」

さくら「電脳テーマパーク?」

ダイヤ「コンピューターの中にある遊園地みたいなとこだよ」

さくら「コンピューターの中に…。それってすごいことですね!」

キャプテン・ルル「しかし、この世界にもあったのは驚きました」

セレーネ「なのでメテオはこの世界のマジカルゲートを調べに実際にゲートにはいったんです」

マジカルゲートを調べていたメテオから連絡が入る。

メテオ『大変です!大事件ですよ!』

セレーネ「落ち着いてメテオ。何があったの」

メテオ『マジカルゲートが原因不明のプログラムに乗っ取られて30万人の子供たちがマジカルゲート内に閉じ込められました!』

一同「!?」

武田「何だと!それは本当か!?」

セレーネ「メテオは大丈夫だったの?」

メテオ『はい。俺を含めて何人かの子供は何とか抜け出せてるみたいです』

ダイヤ「何人かは抜け出せてたのか…。何故だろう」

キャプテン・ルル「武田長官。マジカルゲートを管理しているのはどこですか?」

武田「南方の島。ダイバーランドにある“ワールドリンク管理センター”だ。確かGEARの下部組織のはずだったと思うが」

キャプテン・ルル「その管理センターに何かあったのではないでしょうか。ともかくいってみますか」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ