スーパーロボット大戦V

□第三話 ジェイデッカー、ライジンオー見参!
2ページ/16ページ

警視庁

追いかけるマスコミをうまく巻いたデッカードたちは警視庁の車庫に着いた。

勇太「冴島さん。僕たちに見せたいものって何?」

冴島「そうか。デッカードも勇太君を驚かせようと思って内緒にしていたんだなぁ?」

デッカード「はぁ…?」

すると、冴島は車庫シャッターを開ける。

勇太「…うわぁ!!」

シャッターから現れたのは白と黒に塗られた巨大なトレーラーだった。

冴島「これがジェイローダー。デッカードのサポートメカだ。デッカードはこのジェイローダーと合体することによって無敵の巨大ロボット、ジェイデッカーになることができるのだ」

勇太「ジェイデッカー…!?」

冴島「うむ。ジェイデッカーには飛行能力がある。つまり空からの敵にも十二分に対応できるのだ」

勇太「空を飛べるんだって!すごいじゃないかデッカード!!」

興奮した口調で尋ねる勇太。

デッカード「あ…ああ」

冴島「そして君にはこの警察手帳を与えよう。」

勇太「ああ!!デッカードの持っている手帳の小さいやつだね?」

冴島「この手帳はブレイブポリス専用のものだ。合体司令を初め色々な機能がある。必ず携帯するように」

勇太「わかりました」

そして勇太は警察手帳を受け取る。

冴島「ではさっそく、合体のテストだ!!」

勇太は手帳を開きジェイローダーを起動させる。

冴島「さあ、勇太君」

勇太「よ〜し、ジェイデッカーに合体するんだ!!」

冴島「いやいや、そうじゃない。合体司令はブレイブアップジェイデッカー!!だ」

大袈裟なポーズをしながら教える冴島。

勇太「ええ…!な、なんか恥ずかしいな」

冴島「ん!?」

勇太「…ぶれいぶあっぷ」

ポーズをしながら小声で行う勇太。

冴島「勇太君。こういうのは思い切りが大切だぞ!たあっ!」

冴島とともにポーズをとりながらやり直す勇太。

勇太「ブレイブアップジェイデッカー!!」

冴島「そうだっ!!」

デッカード「……。」

しかし、合体どころか何も起こらない。

勇太「どうしたんだい。デッカード?」

デッカード「…すいません。私のメモリーの中に合体に関するデータが無いんです」

冴島「な、なんだと」

勇太「それじゃあ、デッカードは合体できないっていうの?」

デッカード「……。」
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ