短編小説

□For you...
1ページ/1ページ




「好きだよ、シンイチ」
「は?」
「だから、好きだってば」


いきなり何言ってんだと言わんばかりに俺の恋人―半田真一はこっちを向いた


「俺シンイチ以外何もいらない」

「ふーん…」

「リアクション薄いな、傷つくよ!」

「知らねーよお前がいきなり変な事言うからだろ?」

「俺は本当のことを言ったまでさ!!」


「だったら、今すぐにサッカーをやめられるか?」

「へ…?」

「俺以外いらないっていうのなら、サッカーもいらないのかって。」

「……」


予想外な質問に俺も驚いた。

幼少のころからやってきたサッカー。


でも…



「君のためなら、サッカーどころか命だって捨てられる。俺はそれくらい半田真一という存在に依存してるんだ。」


シンイチはしばらく黙り込むと、幼児が恥ずかしさのあまりにお母さんにしがみつくように、俺の左腕にしっかりとしがみついた



「……馬鹿フィディオ…」


そう言ってるシンイチの顔は赤かった。


そして、ポツリと呟いた



「………俺もだ」




だが、その言葉は俺には聞こえなかった






END

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ