短編小説

□俺たちだけのV
1ページ/2ページ




【黒い歴史】から数日後、俺たちに再び日常が訪れた。

円堂たちは本当に強くなっていた

エイリア石を使った俺たちと互角に戦えたんだ
その石がない俺なんて話にならないだろう


だから俺はもっと強くなる
強くなりたい…円堂たちを追い越せるくらいに



「じゃ、僕も混ぜてよね!」
「わっ!!お前いたのかよ!」

「そりゃあね、今部活だし」
「そうだな…」


「また強くなりたいとか考えてるでしょ?」

さすがはマックス…鋭いな

「まずはさ、レボリューションVに磨きをかけようよ!そこからまた新しい技とかを考えたらいいんじゃないかな?」

「そっか…なるほど。さすがはマックスだな!」
「エヘヘッ!さ、始めよう!」

「あぁ!」




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ