長編小説



『大切だ』

時間を重ねて紡がれた言葉は、

一瞬の嘘によってて全て消えた。


共に過ごした日々も、共有した想いも、絶対の絆。

信じていた、仲間達も。

残ったのは、
後悔に嘆く哀れな叫び声、
そして、憎しみに溺れ燃える炎だけ。



【ここには復活の嫌われ小説が置いてあります】


表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ