たとえそれがどんなに辛くても、俺たちは出逢う運命にあったんだ


※設定


れてふことは色にもあらなくに、心に沁みてわびしかるらむ」


「かくひむものとは我も思ひにき、心の占ぞまさしかりける」


「かきくらす心のにまどひにき、夢うつつとは世人さだめよ」


「逢ふことのえてしなくはなかなかに、人をも身をも恨みざらまし」


「あはれともいふべき人はほえで、身のいたづらになりぬべきかな」


「思ひ侘びさても命はあるものを、憂きに堪へぬはなりけり」


「君がため惜しからざりしさへ、長くもがなと思ひけるかな」












.

[TOPへ]
[カスタマイズ]




©フォレストページ