短編

□HappyBirthday!神威!
1ページ/1ページ

※神威生誕記念
※恋人設定



ああ、どうしよう。
…どうしよう!
昨日の内に決めておけばよかった!

今日は六月一日。
神威の誕生日。
一応恋人の誕生日だから、デートの約束をした。

した、というか、どうやって送ったのかは分からないけれど、神威から手紙をもらった。
今日だけ地球に寄るらしい。

顔に熱さを感じて両手を両頬に添えてみる。
熱い。…風邪ひいたのかな。

ちなみに誕生日プレゼントは用意した。
有名なお寺で買ったお守り。

一時半に神威と初めて会った場所で待ち合わせをしてる。
そろそろ出ないと。
髪はザキに頼んでハーフアップにしてもらって、薄く化粧もした。だけど、

服が決まらない!

どうしよう。
普通の丈の着物で行くか、流行りのミニ丈で行くか…。
普通のにするべきか…。あ、でも襲われたら動きづらいよね。じゃあミニ丈で行こうかな。

そう決めていそいで着替える。
私はいつも隊服か無地の袴とかだから、着飾ること重視の着物はあまり着ない。というか着る機会なんて無い。

…って思ってたんだけどな。

こういう、いかにもデート服!なんてものを着るのは生まれて初めて。
それにこの服も自分で買ったわけじゃないし。近藤さんが私に、と買ってきてくれたもの。

…汚したくないな。









「総羅」


フッと聞こえて、嬉しさが一瞬身体と心を満たす。
周りを見ても神威の姿はない。

…遅い。
もう二時なんですけど。
こんなに遅いんなら、もう少し屯所に居りゃよかった。
というか…暑い。
待ち合わせ時間が一時半って書いてあるのを読んだときから、マジでか?とか思ったけどね。

日陰にいても汗ばむ。

…来られないのかな。

…静かだなぁ。
神威、何かあったのかもしれない。

暑い…。

神威…早く来てよ…。









「総羅」


神威だ…。


「総羅」


起きて誕生日プレゼント渡さなきゃ。

あれ、…なんで起きなきゃいけないんだ?
あれ、


「あっ、起きた」


何でここにいるんだっけ。


「寝ぼけてる?」
「………………神威?」


確か神威から手紙もらって…。


「そうだヨ」
「…………遅い」


そうだ、私はコイツを待ってたけど遅くって寝たような気がする。多分。


「ごめんネ。用事が長引いちゃって」


今何時…。


「あ、ちなみに今二時半」


二時半!?
来るの遅い…。


「よく寝られたね」
「…暑い」


横になってたから、神威の左腕を掴んで起き上がる。


「うん、俺もちょっと辛いな」


喉が渇きを訴えている…。


「神威」
「うん?」
「水飲みたい…」


歩くのも辛いかも。


「屯所まで迎えに行ったほうが良かったネ。ごめんネ」


うん、わかった。水…。


「とにかく移動しよう」


賛成…。


「おんぶしようか?」


神威が優しく聞いてくれる。ありがとう。
でも、


「駄目。着崩れる」


本当に普通の着物着てこなくて良かった…。


「抱っこ?」
「お姫さま抱っこして…」


私がそう言うと神威は、嫌な顔しないで王子さまよろしく優雅にお姫さま抱っこしてくれた。


「ごめん。ちょっと恥ずかしい…」
「…俺にどうしろと?」









「総羅」


あれ、寝ちゃったんだ。
起きなきゃ。
あれ、


「起きてヨー」


ほっぺをつねられる。けど、寝ぼけてるから痛みがあるっていうのが他人事のように感じる。


「…………なに」
「傘差しながら運ぶのすごい大変だったんだ」


…どうやったんだろ?


「よくあんな太陽が照りつけてるなか寝られるよネ」


私が寝かされてたベッドに座りながら言う。


「ここどこ」


そう言う私は起き上がる。


「場所は言えないけど春雨の隠れ家…みたいなもの」


みたいなものって何だ?


「あっ、俺と総羅しかいないから安心してネ」


どうしよう。
いつ渡そう。いつおめでとう言おう。

…今言っちゃう?


「総羅?」
「神威…!」


よしっ!今だっ!言え!


「なに?」
「誕生日おめでとう生まれてきてくれてありがとうこれプレゼント!」


まくし立てて懐からプレゼントのお守りを渡す。


「あっありがとう」


よしっ!受け取った!


「開けていい?」
「どっどうぞ…!」


緊張する…。


「なにこれ?」


なるほど…知らないのか。予想外…!花にしとけばよかった?でも残るものにしたかったし…。


「お守り…って言って、いろんなのがあるんだけど…それは、開運厄除っていうやつ」
「ふーん」


神威はお守りの紐を摘まんで、ぶら下げて眺めている。

興味無さそう…。


「運を開いて厄を除くって意味なんだけど」
「うん」


辛い…!


「あ、ありがとネ」
「うん。…何か欲しいの教えて」


今からでも私が用意できるものなら。


「欲しいの…?」
「うん」
「そうだなぁ」


強い奴とか言われたらどうしよう。


「はんことか」
「はんこ…?」


神威なんてはんこ作れるかな?


「俺のじゃない。総羅の」
「は?」
「総羅」















「結婚しヨ」




*・*・*・*・
「何のために総羅と出逢った場所に呼んだと思ってんの?」

神威くんお誕生日おめでとう!
かなり遅れてしまいました。
今日はプロポーズの日らしいので、最後こんな感じになりました。




*20120603

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ