拍手御礼文

□お揃い
1ページ/1ページ

※昼
※いつ頃の話?と突っ込まないでください




「総羅」


馴染みの団子屋で昼寝中、これまた馴染みの声が聞こえてきてまたか、と思いながら返事をした。


「なに」
「趣味の悪いアイマスクだね」


いきなりなんだコイツ。失礼だろ。
お気に入りなのに。
でも言われ慣れるって恐ろしい。
買った当初はイライラしたけど、もう何も思わなくなっちゃったよ。
しかし何か言ってやりたい。


「趣味の悪い……………」


趣味の悪いなんちゃらかんちゃらって言ってやろうと思ったけど、考えるより先に声が出た。
考えてない…。
神威はなあに?と言ってくる。イラっ。
アイマスクを取りながら上体を起こして言った。


「髪型」


神威がビキッという効果音たてたような気がした。
さっき適当にみつあみが目についたから言ったんだけど、いや別に神威が趣味の悪い髪型してると思ったことはない。
趣味の悪い…まで言っちゃたし。

適当に髪型って言っちゃったけど…悪かったかな?
…言い返すなんて相当かわいくないしひねくれてる。


「じゃあ」


ピッと人差し指を立てて。


「総羅と同じ髪型にしようかな」


私が言い返したこととか気にしないっぽいけど、どうしたらその発想に行き着くんだ。


「…なに言ってんの」


訝しげに神威を見たらいつもの笑顔があった。


「総羅とお揃い」


嫌かと聞かれたら、なぜか嫌じゃない。…バカップルか!!


「……すれば」
「うん、だから結んで」


一体どこら辺がだから?なんだろう。
この髪型難しくないし自分で結べ!


「自分で出来るでしょ」


罪悪感はあるよ。神威もみつあみ気に入ってたんだろうし。多分。


「出来ないヨ」


嘘だろ。出来るだろ。みつあみのほうが難しい。


「ずっとこの趣味の悪い髪型してたんだもん」


…この場面で言ってくるんだ。
どうすりゃ良いの。


「……ごめん」


とりあえず謝った。
でも目ェ逸らしちゃった。気まずくはないけどなんか……アレで。


「なんだか今日は大人しいね」


今日はっていつも大人しいだろ。
私に背を向けてるけど、やれって言ってるのかな?
どうしよう。趣味の悪い髪型って言っちゃったし私が結えば満足するのか?
…するんだよね?

……じゃあ、…このゴム取っちゃっていいのかな?
…なんでもいいや。
案外髪の毛長いな。男なのに妙に似合ってるし。
…短髪も似合うだろうな。
ちょっと見てみたいかも。

…みつあみの痕ついてんだけど…どうすりゃ良いの?


「櫛とか持ってない?」


やっぱり櫛だよね。とかしてみたい…かも。


「持ってたら逆に嫌ダロ。引くでショ」


…うん。


「…そうかも」


準備万端!みたいな。
ボサボサ頭すぎるのも嫌だけど、神威くらいの跳ね具合が丁度良いかも。
近藤さんみたいに前髪が立ってるのが一番好きだけど。

まあ神威のだし手櫛でいいか。

…なんかすごいサラサラしてるんだけど…。
予想外すぎる。血とかついてるのかと思った。

ってかコイツが私と同じ髪型にすると女々しくなっちゃうんじゃ…。コイツ元々可愛い顔してるし。
ポニーテールの方が良いかな。でも若い頃の土方さんと同じになるな。
そういえば土方さんも長髪と短髪どっちも似合うな。


「どうしたの?」


あ、ポニーテール土方さんのこと考えてて手が止まってた。
本題忘れるとこだった。


「…私と同じ髪型にすると女々しくなりゃしやせんかィ?」
「別に良いよ」


良いの?マジでか。
相当女の子っぽく見えると思う。背も低いし。
あ、ポニーテール神威とか見てみたいな。


「…ポニーテールとかどうですかィ?」
「好きなの?それ」
「好きってェか、似合いそうだなって思ったんでさァ」
「じゃあそれで」
「へいへい」


何でも良いんですかねィ…?
まあともかく高い位置で真ん中に髪の毛を寄せないと。元服前の男の子になるな。きっと。


「ねえ、さっき何考えてたの」


神威が聞いてきた。
心なしか、いつもより声色が低い気がする。


「…ああ、土方さんが若い頃ポニーテールしてたなって思い出してやした」


私がそう言ったとき、掴んでた神威の髪の毛がスルッと抜け出した。あれ。


「なにそれ」


え…ちょ、なに。
あれ。何か機嫌悪い?


「何怒ってんでィ」
「ゴム返して」


なんだか無愛想だ。
右の手のひらを出されたからゴムを返すと、神威は無言でいつものみつあみに結び直している。
なんなんでィ。


「総羅うしろ、向いて」


そう言われて反射的にうしろを向いたら、締め付け感が無くなって髪の毛が肩に乗っかる。


「何やってんでィ」
「お揃い」


そう言って神威は私の髪の毛を優しく手でとかす。
きつく結んでたから痕とれないと思うけど…。
…何か恥ずかしい…。
神威は私の髪の毛で何かしてる。


「はい、出来たヨ」


そう言われて神威の方を振り返るといつもの笑顔。だけど妙に満足そうに見えるし声色も元に戻った。気のせいかもしれないけど。
自分の髪の毛を触ってみる。あれ。


「なんでみつあみ?」
「お揃い」
「…はあ」


私が微妙な返事をすると神威はさっきさ、と言った。


「俺と二人きりなのに他の男のこと考えたダロ」


他の男…?


「土方さんのことですかィ?」
「名前言わないでよ。俺のことは呼ばないくせに」


あれ。これは俗に言う嫉妬っていうやつなのかねィ。
…何で神威が?
ってか神威のこと名前で呼んでなかったんですねィ。気づかなかった。
…名前で呼ばれようが呼ばれないだろうが、どっちだっていいだろう。
…まあ減るもんじゃないし。


「神威」


言ってみる。


「……………なに」


あ、目ェ逸らした。
なにって言われても困る。


「呼んだだけでさァ」


あ、目ェ合った。


「……もう一回」
「神威…?」


何がしたいんだ。


「…なんだか熱が込み上げてくるヨ」


…なんでだ。どこから。


「総羅」
「…なに」
「呼んだだけ」


真っ正面から名前を呼ばれただけだけど、何か良い…かも。不覚にも少(しこ)しだけドキッてした。少(しこ)しね。
神威の笑顔がなんだかいつもと違うような気がする。


…なんか私たち端から見ればバカップルってやつなんじゃ…?


バカップル…と言うか恋仲に見られても別に良いかな、なんて思ったり……思わなかったり。




それからボサボサ頭の長身の男が来るまで神威と一緒いた。
…けど、あのおっさん神威に胸ぐら掴まれてたけど大丈夫かな。




*・*・*・*・
拍手御礼文というのも書いてみたかった!

*・*・*・*・
結構加筆修正しました。
ちなみに一番最初に。
途中間違えて電源ボタンを押してしまう、ということがありました。泣きそうでした。




*20111104
*20111120(加筆修正)

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ