拍手御礼文

□頭髪の日
1ページ/1ページ

※頭髪の日記念小説
※昼
※恋人設定
※ファミレス
※星海坊主篇後




「…ふぁ?」


たらこスパゲッティを口に入れながら俺は言ったから、は?がくぐもった。


「だから、星海坊主さんに会ったんでィ」


…うそ…。
たらこスパゲッティをゴクンと飲み込んで、いつ?と総羅に聞く。


「この前」


…どの前?


「見たって言っても襖からちょこっとガン見しただけでさァ」


ちょこっとガン見ってなんなんだろ…。
まあこんなことはどうでもいい。
愛しの総羅が俺の知らない間に、仮にも自分の親父と会っていたなんて。

その総羅は、えいりあんを狩ってるところも見たんですぜィ。なんて呑気なこと言ってる。


「なんか話したの?」
「遠くから見ただけでィ」


良かった、無意識にそう思う。
が、信じられない言葉が俺の耳に飛び込む。


「声が渋くて、なんてェんだろ?素敵なおじさまって感じだったんですぜ!すごい強くてすごいかっこよかったんでさァ!」


…なんて俺のことじゃないことに、満面の笑みで言われてもね…。

ムカつく。

あ、これが所謂嫉妬ってヤツなのかな?

え?なんで俺が知ってるのかって?

それは内緒。


そんなことより、あの男のことで総羅が笑顔になるなんて嫌だナ。

俺のことだけでいい。

コイツは独占欲ってヤツらしい。
阿伏兎に団長は独占欲が半端ねェんだよ、とかなんとか言われた。

嬢ちゃんも可哀想に、とも言ってたけど俺にとっちゃどうでもいいんだよネ。

だから総羅をどうしようが俺の勝手だし、実際総羅が手に入ったんだから。

それに、俺のほうがあの男よりも強い。

総羅は俺の戦ってるところを見たことない。

…なんとかしよ。


それに、やっと総羅が手に入ったのにさ、あの男のこと誉めるとかすごい腹立つ。

だって、俺のことは一度も誉めたことないんだヨ?


…俺もう笑ってる顔なんてしてないんだろうな。


「……それで?」


俺の親父がそのハゲだって知ってんのかな。


「星海坊主さんってチャイナの親父さんだったんでィ」


そりゃそうだ、一応妹だからネ。
…てか、わざわざ星海坊主、さん、なんて言わなくていいのに。


「気づいたんでさァ、星海坊主さんの娘がチャイナなら、神威の父親って…」
「そのハゲだネ」


父親、ね…。


「…神威」


いきなり総羅が真剣な表情になる。
どうしたんだろ。


「やっぱり」


無駄に心臓の音がうるさい。

こんな…。
真剣な表情で見つめられると……。

あああ、今すぐブチ込みたい…。


「将来神威もハゲるんですかねィ?」


………………………。


「あ、別に私は気にしやせんぜ?」


……………………………。


「神威は絶対ツルツルでもカッコいいと思いやす」


…………………ありがと。


「つっても気にしないから安心しなせェ」


………………うん。




あれ。


「子供にも遺伝したらどうしやしょ?私がハゲない体質だったら大丈夫かねィ?」


え。


「男の子は良いけど女の子だったら…。う〜ん」


あれ、ちょっ子供…生んでくれるの…?

あれ、じゃあ俺と結婚してくれるの?


俺についてきてくれるの?


「これからの神威によりまさァ」


…………がんばる。




*・*・*・*・
拍手本当にありがとうございます!
拍手御礼文短くてすみません。
初めての神威目線!書いてて楽しかったです。
何日か前に“頭髪の日”だったらしく、知ったとき直ぐに思いついたネタ。




*20111222

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ