小噺

□いつから私たちは気がついてきたんだろう
1ページ/1ページ

※恋人設定




「旦那ぁ」


ソファに仰向けで寝っころがりながら、ジャンプを読む旦那。
その旦那に重なるように旦那の顔を覗きこむ私。


「なぁにー」
「ジャンプ、面白いですかぃ?」


土方さんはマガジン派だけど、私は特に何も読んでいない。


「面白いよー」


そう言ってページをめくる。

相手してくんないとつまんない。


「旦那ぁ、」
「なぁにー」


またページをめくる。


「ジャンプの次号予告って、」
「あてになんないよ」


ふぅん。
土方さんもそんなようなこと言ってたっけ。


「あとね、作者病気の為連載を休止致します。とか」
「あらあら」


ジャンプを閉じてテーブルに置く。

置いた手はそのまま私の頭に置かれる。


「幼いころはね、本当に病気だと思ってたんだよ。あれでしょ、間に合わなかったんでしょ。それに段々気がついてくるんだよね」


ふぅん。


「総羅ちゃん、」
「あい?」














「寝よっか」


もう…。




*・*・*・*・
いけず(意地悪)…とか言ってほしい。初期田に。
京の言葉だけど…。




*20120804

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ