Main

□Finder
1ページ/9ページ



「んぁぁっ…!ふぁっ、ぁぅぅっ…!」

どこか殺風景な部屋の中に、その場には似つかわしくない、艶やかな声と濡れたような音が響く。

無機質なコンクリートの床の上には、カッターシャツを一枚羽織っただけの小柄な少年が、二人の大人の男に覆い被せられて、あられもない声で喘いでいた。一瞬女の声かと思ったそれは、まだ変声期を迎えていない少年のものだったらしい。

男の一人が、半裸に剥かれた少年の身体を舐め回し、丸出しになった下半身には、もう一人の男のグロテスクな肉棒が深く突き刺さっていた。あまり慣らさなかったためか、少年のそこは切れて血が流れている。

「あぁんっ…ぁっ、ひぁぁ……!」

男の舌が敏感な部分を嬲たびに、激しく腰を打ち付けるたびに、少年の口からは甘い嬌声が上がる。瞳は涙で潤み、頬は上気して、その表情は完全に蕩けているようだった。

「ふぁぁっ…ぁっ、ひぅっ…!」
「可愛いねー。ほら、綺麗に撮れてるからさぁ、こっち向いて……?」
「や、だっ…ぁぁぁ…!」

部屋の中にはもう一人別の男がいて、二人の男に蹂躙される少年の姿を、にやにやと笑いながら、手に持ったハンディカメラで撮影していた。


どうしてこんな状況になったのか。

少年……沢田綱吉は、無機質なレンズに快楽に歪む表情を映しながら、ぼんやりとそう思った。


***


何の変哲もない、いつもの日常の、いつもの放課後。

学校が終わって、下足室で部活に行く山本と別れ、帰り道の途中で獄寺と別れ、ツナはいつものように帰路に着こうとしていた。

すると、あと少しで自分の家が見えるという所まで来て、道の脇に一台の車が停まっているのに気が付く。窓が黒いので、車の中の様子は全く見えない。

ツナは何も気にすることなく、その車の横を通り過ぎようとした。

だが、車のすぐ側を通った時、突然ドアが開いて、中から二人の男が降りてきた。そしてツナが驚く暇もなく、近付いてきた男達に口を塞がれ、一瞬で車の中に引きずり込まれてしまったのだ。

そこからの記憶は曖昧で、いつの間にか意識を失ってしまい、目が覚めるとこの部屋にいた。

家具も何もない狭い空間で、唯一の窓はシャッターが下ろされているので、外の様子は分からない。ここがどこなのかも、全く分からなかった。

(な、何がどうなって……これって、もしかして…ゆ、誘拐……!?)

気が付いた時には両手を後ろ手に縛られ猿轡を噛まされていて、ツナは完全にパニックに陥っていた。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ