Main

□One prisoner
1ページ/8ページ



(っ…きもち、わるい……!)

夕方。仕事帰りのサラリーマンや大学生で満員の電車の中、ツナは車両の隅に追いやられ心の中でそう叫んだ。身動きが取れず、人がいっぱいで息苦しいだけならまだ良い。

問題なのは、

「っ……」

列車に乗り込んでしばらく経った後、臀部に突然走った違和感。やわやわと間探るように動くそれは、偶然鞄などが当たっているわけではなかった。
大きくてごつごつした、明らかに大人の男の手で。

ツナは、痴漢に遭っていたのだ。

(俺、女の子じゃないのに……!)

男子の制服を着ているから、間違えることはあり得ない。つまり、相手はツナが男だと分かって、そういう行為をしているのだ。

やがて、揉み込むように動いていた手が、双丘の割れ目をなぞるように触れてくる。ぞくぞくとした、嫌悪感とも何とも言えない感覚に身体が震えた。

自分の背後のどこからか伸ばされる手。気持ち悪さと恐怖に、ツナは動けず俯いて耐えるしかない。

すると、

「っ……!」

ずっと小さな双丘を撫で回していた手が前に伸ばされ、ツナは驚いて目を見開いた。ズボン越しにいきなりそれを触れられて、身体が強ばったのだ。

「ゃっ……!」

そこで途端に、背後にべったりと密着してくる気配を感じ、耳元に荒い息がかかって、恐怖心が一気に跳ね上がる。

(や、やだっ……!)

急に冷静に考えられなくなって、ツナは誰かに助けを求めようと決心した。

「ぇっ……?」

だが、伸ばしかけた手は横から伸びてきた手に捕まれてしまう。驚いてそちらを見れば、大学生くらいの男がツナの手をがっしりとつかみ、にやにやといやらしい笑みを浮かべていた。

「すっかり怯えちゃって、可愛いな」
「っ……!」

そう言いながら、男はもう片方の手で上半身を撫で回してきた。

(な、なん…で……)

背後とは別の人物にも身体を触れられて、頭の中が一瞬で真っ白になってしまう。

さらに、

「本当に可愛いね」
「ああ、今日は当たりだな」

それだけではなかった。手をつかむ男とは反対側にいるサラリーマンも、ツナの目の前にいる男も……いや、ツナの周りにいる複数の男達が、全員ツナをいやらしい、熱っぽい目で見ていたのだ。

(な、に…なに、これ……!)

男達は、いわゆる集団で痴漢行為を働く者達だった。ネット上で知り合い、日時を指定して集まっては、狙った獲物を囲んで行為に及ぶのだ。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ