Main

□Two rulers
1ページ/7ページ



「ただいま、ツナヨシ」
「お、おかえり…なさい」

夕刻。夕日で赤く染まった巨大な屋敷の、これまた広く豪奢な部屋に……留守にしていた部屋の主が帰ってきた。

迎えにきたツナが重厚な扉を開けると、いきなりすっぽりと抱き締められて、馴染んだ匂いに包まれる。

「ツナヨシ、会いたかった……」
「んっ……!」

抱き締められたままするりと臀部を撫でられ、身体がぴくんと反応してしまう。
それにくすりと笑って、美しくも神秘的な雰囲気をもつ男……ジョットは、ツナの身体を軽々と横抱きにした。そして、ゆったりとした足取りでソファーへと向かう。

ふかふかのソファーに腰を下ろすと、ジョットは再びツナを抱き締めた。

「今日はツナヨシと一緒に過ごせなくて寂しかったぞ」
「んっ…ん……!」
「寂しすぎて、気がどうにかなりそうだった」

そう言いながら、ジョットはツナの顔中にキスを降らせていく。唇に到達すれば、舌が忍び込んで優しく口内を掻き混ぜられた。

熱烈なキスを受けながら、ツナはジョットの様子をこっそりと伺う。内心、心臓をドキドキとさせて。

(ば、ばれてない…よね……?)


実はツナが一人で留守番をしている間、初代雲の守護者であるアラウディが部屋にやってきたのだが……。

(言えない…絶対に言えない……!)

ジョットの言い付けを破って他の人間に会っただけではなく、あんなことやこんなことをされてしまっただなんて。ばれたら大変なことになるのに、アラウディとの行為が気持ち良すぎて、ついつい流されてしまっただなんて……考えただけでも、恐怖で心臓が縮み上がってしまう。

幸い、アラウディはこちらの事情を理解してくれたのか、ツナの身体を綺麗に洗ったり、ベッドも元の綺麗な状態に戻してくれた。

ただ、相手は全てを見透かす超直感の持ち主だ。ばれないかどうか、ツナはずっとヒヤヒヤとしっ放しで……。

「俺がいない間、何をして過ごしたんだ?」
「っ、え…と……」

そう尋ねられて、一瞬ぎくりとしてしまう。ツナは慌てて、冷静に答えようとする。

「あの…外の景色を眺めたり、お昼寝したり…してた」
「そうか……良い子にしていたようだな」

ぽつぽつ話すツナの言葉を聞いて、ジョットはにこりと笑う。

(ジョット、何か凄く機嫌が良い……?)

機嫌が良すぎて何だか怖い気もするが、この様子なら大丈夫かもしれない……と、ツナはホッと胸を撫で下ろした。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ