Main

□女王様と浮雲と(後編)
1ページ/8ページ



朝。広い部屋の奥にある、バルコニーへと続く大きな窓からは、穏やかな日の光が差し込んでいた。それが少し開いているのか、爽やかな風がレースのカーテンを揺らし、外では微かに鳥のさえずりも聞こえてくる。

そんな気持ちの良い朝の風景の中、天蓋付きの豪華なベッドの上でツナはまどろんでいた。肌触りの良いシーツとふわふわの布団に包まれて、何とも言えない心地よさに幸せそうに微笑みながら。

そこへ、

「……シ、……ツナヨシ」
「ん、ぅ……」

耳元で甘い声で囁かれ、優しく肩を揺すられて、夢と現つの間を漂っていた意識がふわりと浮上する。

薄らと目を開ければ、そこには太陽の光よりもキラキラとした風貌の男がいた。

「ん…ジ、ォ……?」
「おはよう、ツナヨシ」
「ん、む……」

蕩けるような笑顔で、唇にちゅ、とキスされる。そのままジョットはツナの頬や瞼、おでこにも優しくキスを降らせていった。

「ツナヨシ、まだ起きなくても良いから聞いてくれ」
「ん、ん……?」

されるがままになっていると、おはようのキスを終えたジョットが両手でツナの頬を挟んで、その顔を覗き込んだ。

「今日、俺は用事があってどうしても出掛けないといけない」
「ぇ……」
「全くGの奴、ツナヨシとの時間を邪魔するとは無粋な真似をする」

端正な顔を不機嫌そうに歪めて、ぶつぶつと文句を言うジョットの言葉を、ツナはまだぼんやりとした頭で何とか理解しようとしていた。

あまりにもツナにべったりで、彼には蜂蜜のように甘いので忘れてしまいそうだが、ジョットはあのボンゴレの初代ボスなのである。仕事があるのは当然だろう。

良く見ると、ジョットはいつものラフな格好ではなく、きちんと正装し豪奢なマントを羽織っていた。

「……だからツナヨシ、今日は一人でお留守番をしていてほしいんだ」
「ぇ…ぇ……?」
「夕刻には戻る。それまで良い子でいるんだぞ?それと……」

まだいまいち状況が把握できていないツナに、ジョットは真剣な顔をして、

「部屋からは一歩も出てはいけないぞ。ツナヨシは可愛いからな、外なんかに出ればどこぞの野蛮な連中に攫われるか分からない。本当は一人で部屋に置いておくのも心配なんだ。俺のツナヨシに何かあったら心配で心配で……あと、誰かが部屋を訪ねてきても決して開けるなよ。声を聞かせるのももちろん駄目だ。俺以外の奴にその姿を見せるなんて考えられな…」
「むぎゅぅー……!」

マシンガンのように喋り続けぎゅうぎゅうと抱き付かれて、ツナは窒息してしまいそうだった。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ