Main

□Corruption
1ページ/7ページ



「―――沢田」
「っ……!」

ただ名前を呼ばれただけなのに、大げさなくらいびくついてしまう。

体育の授業が終わって、それぞれ使った道具を片付けている最中だった。
ツナは背後を振り返ると、そこにいた人物を強ばった顔で見上げる。

「せん、せい……」

そこには、ツナのクラスを担当している体育教師がいた。生徒受けのする人当たりの良い笑みを浮かべているが、ツナは硬い表情をしたままだ。

男はそれを気にも止めず、他の生徒に聞こえないように、ツナの耳元に顔を近付けると、

「―――――」
「……!」

小さな声で囁かれた言葉を聞いた瞬間、ツナの表情が青ざめたのを、誰も知らなかった。


***


放課後。ツナは補習があるから、と言って獄寺や山本と別れると、再び体育館の方へと向かった。誰もいない更衣室で体操服に着替え、足を運んだのは体育館の裏手にある、普段は使われていない古い倉庫だ。

「はぁ……」

ツナの足取りは重く、その表情は沈んでいた。


何週間か前、ツナは教師である男に倉庫の中で襲われて、何度も犯されてしまった。それからというもの、何回か呼び出されては、無理やり行為を強いられているのだ。
もちろん拒絶はしたが、他の人間にばらされたくなければと脅されれば、従うしかなかった。


そして今日も、

『放課後、いつもの場所に来なさい』

先ほど言われた言葉が頭の中に響いて、ツナの全身に鉛のようにのしかかっていた。

倉庫の前に到着して、ツナは辺りを見回した。誰もいないのを確認すると、そっとドアを開ける。錆付いた音がして、古びたドアがゆっくりと開いた。

中を覗くと男はまだ来ていないようで……少しホッとして、電気をつけようと薄暗い中へ入る。

だが、

「ひっ…!」

突然背後から大きな身体に抱き締められて、ツナは小さく悲鳴を上げた。たくましい腕が絡み付き、耳元に熱い息がかかって、心臓が一気に跳ね上がる。

「はぁ、沢田……」
「っ……!」

いつの間に来たのだろうか。強引に顔を振り向かされれば、さっきまでの人当たりの良い姿はどこにもない、飢えた肉食獣のように目をぎらつかせた男がいた。
ぞくりと、恐怖で背筋に寒気が走る。

「沢田…いつ見ても可愛くていやらしくて……先生、授業中いつも勃ちそうになって大変なんだぞ……?」
「ふ……!」

そんなよこしまな気持ちで見られているなんて考えたくもない。我慢できないとばかりに身体中を撫で回してくる手に、ツナはギュッと目を閉じて耐えた。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ