Main

□Third steps
2ページ/7ページ



「いやらしいなぁ。父さんのを舐めただけで、こうなったのか?」
「んぁぁっ…!ゃぁっ、とうさ……!」

足でぐり、ぐりと刺激されて、それだけで酷く感じてしまう。ツナは家光のモノを銜えながら、腰を淫らにくねらせた。

「ほら、ツナ…もう少しでイけそうなんだ。頑張ってくれよ」
「ん゙んっ…んっ、ふぅぅ゙っ…!」

催促されて、ツナは自身への愛撫に耐えながらも、必死に肉棒へしゃぶりつく。
ちゅ、ちゅっと吸い上げれば、家光が一瞬息を詰めたのが分かった。

次の瞬間、

「んっ、んん゙―――っ!」

びくびくと自身が脈打ち、口の中にどろりとしたものが吐き出された。

苦く青臭いそれを、ツナはこくこくと飲み干す。口から自身を離せば、いやらしい糸が伸びて、やがてぷつんと切れた。

「良く頑張ったな、ツナ」
「ぁっ……!」

ひょいと抱えられて、家光の膝の上に乗せられる。後ろからハーフパンツをずらされ、すでに先走りを流す自身を握り込まれた。

「今度は、ツナの番だな」
「ひゃぁぁっ、ぁっ…!」

大きな手でぐちゅぐちゅと扱かれて、待ち望んでいた快感に甘い声が上がる。すでに昂ぶっていたそれは、あっという間に限界まで上り詰めた。

「ぁ゙ぁぁっ、もっ…ぁぁーっ!」

幼い性器から吐き出された液体が、ツナの服と家光の手を汚していく。

絶頂を終えたツナは、ぐったりと家光の胸にもたれかかった。

「気持ち良かったか?ツナ」
「ぁ……!」

今度は向かい合うように膝に乗せられて、大きな身体で抱き締められる。たくましい胸に顔を埋めながら、だがツナは、

(たりない……)

と、そんなことを思っていた。
強い快楽を何度も叩き込まれた身体は、もう前だけでは満足できなくなっていて……イッたはずなのに、後ろはひくひくと収縮し、疼くような熱を持ったままだ。

(まだ、たりない……)

ツナはじっと家光を見つめる。何かを求めるように、熱っぽい眼差しで。

「ん?どした、ツナ?」
「あ、の……」

見つめ返されて、恥ずかしそうに視線をそらす。腰が無意識にもじもじと揺れた。

「とうさん…もっと……」
「何だ、もっとしてほしいのか?」
「んっ…!」

するりと腰を撫でられて、そこが期待するかのようにぞくりと痺れる。

「やらしいなぁツナは。そんなに父さんのが欲しいのか」
「ゃっ、ぁ…おねがぃ……!」

もはや、恥ずかしいことを言われるだけで身体が熱くなる。泣きそうな顔で訴えれば、家光に優しく頭を撫でられた。

次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ