Main

□Puppeteer
1ページ/8ページ






夢を見た。

いつもの仲間達と、いつものように大騒ぎをしている夢。

そこには、炎真君達もいて。

けれど、

今ではそれが、もう遠い昔のように感じてしまう。





***


「ん……」

ツナが目を覚ますと、そこはどこかの部屋のベッドの上だった。いつの間に眠ってしまったのか、白いカッターシャツを着て、薄い布団を被っている。

(ここ…どこだっけ……)

まだ完全に目覚めていない頭でぼんやりと思う。

暖かな陽射しと穏やかな風を感じて視線を向ければ、部屋に一つしかない大きな窓が開いていて、そこから青い空と海が広がっていた。

自分は今まで何をしていたのだろうか……と考えて、不意に窓の脇に誰かが立っていることに気が付く。

「おっ!ツナちゃん、やっと起きた?」
「っ……!」

びくっと肩が跳ねて、ぼんやりしていた意識が一気に覚醒した。

「ぁっ……!」
「俺ら激しくしすぎちゃったみたいでさぁ、気絶しちゃったんだぜぇ?」

それは、シモンファミリーの一員である加藤ジュリーで。

(そうだ…俺……!)

ツナはようやく、意識を失う前に自分が何をしていたのかを思い出した。

いや、何をされていたのかを。

(俺…この人と、炎真に……)

記憶が鮮明に蘇って、そしてにこにこと笑いながらこちらに近付いてくるジュリーを見て、サッと表情が強ばる。

「っ、いた……!」

だが、慌てて逃げようと身体を起こした瞬間、下半身に走った痛みに、ツナの動きが止まった。腰がずきずきと鈍く痛み、全身が鉛のように重い。

「あーあ、まだ安静にしといた方が良いよー?後ろ切れちゃったし、身体中痛いだろ?」
「ゃっ…来るな……!」

上手く動くことができず、ベッドの上で尻餅を着いてしまう。がたがたと震え始めるツナの顔を覗き込んで、ジュリーはにっこりと笑った。

「そんなに怯えなくても良いのにぃ。傷付くなぁ」
「あ、当たり前だっ…!あんなことして…一体、何であんなっ……!」

最後まで言うことができず、きゅ、と顔を歪める。

ジュリーだけではなく、友達だと思っていた炎真にも酷く犯されて、ツナは身体も心もぼろぼろになっていた。

「だから言ったじゃん?憎いボンゴレに復讐するって。炎真はツナちゃんのことが大嫌いで、憎くて堪らないんだから」
「っ……!」

本当は炎真がそんなことを思っていないことを良く知っていて、ジュリーはわざとツナが傷付くような嘘を吐く。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ