Main4

□守護霊なんて信じない!
1ページ/15ページ



昔、とある漫画で見たことがある。

主人公には生まれた時から“守護霊”っていう存在が宿っていて、ピンチの時に必ず助けてくれるんだ。初めてその話を読んだ時、純粋に格好いいなぁって思った。

もちろんそれはフィクションで、現実にはそんな非科学的なことあり得ないって分かってた。それに、助けてほしい時に力を貸してくれる存在なんて、そんな都合のいい話があったら堪らない……って、ダメダメで毎日が上手くいってない俺は、余計にひねくれて考えてしまう。

でも、もしも本当にそんなものが存在するのだとしたら……それは、自分にとって大切なパートナーで、何か、やっぱり良いなぁって。

……そう思ってた時期が、俺にもありました。


***


「ん……」

身体に妙な違和感を覚えて、ツナはゆっくりと意識を浮上させた。部屋のカーテンの隙間から太陽の光を感じ、もう朝だということが分かる。

とはいえ、このままもう少し心地好く微睡んでいたいものだが……

(ん……な、んだ……?)

先ほどから身体に走るむず痒い刺激に、逃れるようにモゾモゾと動く。
誰かの手が、自分の胸の辺りに触れているのだ。そこから、くすぐったいような、ゾクゾクとするような感覚が生まれる。

その刺激のせいで下半身がじんわりと暖かく、熱を帯びていくようで……

「ん、ぁ……いゃ、だ……」

さすがに何かがおかしい、と……ゆっくりと瞼を持ち上げた。

すると、

『やっと起きたか、綱吉』
「…………」
『学校に遅刻するぞ』

目の前には、朝日よりも眩しい顔があった。

そして、

「…………」

その人物が、自分のパジャマの前をはだけ、露になった胸元を弄んでいて、

「っっっぎゃああああーっ!」

ごく普通の中学生、沢田綱吉……ツナは、朝っぱらから盛大な悲鳴を上げたのだった。


***


「だからっ、いきなり現れるなって言ってるだろジョット!それに、いつもいつも、へ、変なとこ触るなよっ……!」
『普通に起こしても起きないからな、綱吉は』
「っ、だからって……!」

慌ただしく身支度を整えながら、ツナは当然のように部屋に居座る人物に抗議した。簡素なベッドに優雅に、いやのんびりと腰かける男……ジョットに。

あろうことかこの男、毎朝のようにツナの枕元に現れては、彼にセクハラ……いや、完全なる痴漢行為を行っていた。

「だ、だいたい……幽霊が普通に触れるなんて、メチャクチャな……!」
『何度言えば分かる。俺は幽霊ではなく、守護霊だ』

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ