Main4

□初めての×××!?
1ページ/15ページ



「っ……や、った……!」

“採用”……この二文字を見た瞬間の気持ちを、どう表現したらいいのだろう。いや、恐らく言葉では表すことができないほど、ただ喜びと感動でいっぱいだったはずだ。

超就職難のご時世に加えて、昔から何をやらせてもダメダメな自分。そんな自分が、どれだけ就職活動をしても採用してもらえるはずはなく。

何回も何回も、様々な企業にエントリーしては落とされて、それを繰り返しもう自暴自棄になった……それからの、ようやくの採用通知だった。

奇跡だと思った。その時の自分の喜びようといったら、今までにないほどだっただろう。むしろ、今でも夢なのではないかと思ってしまう。

けど、もう何でも良かった。自分を雇ってくれるなら、どんな会社だって……と、就職活動をしていた時は自暴自棄に、採用が決まった時は有頂天になっていたせいで、その企業がどんな所なのか、というよりもどんな商品を取り扱っているのか……知らないままだった。

普通、自身のエントリーする企業のことは、内定を貰うために死ぬ気で調べようとするものだろうが……理由は、今述べた通りだ。正直、その時の面接がどんなものだったのか、内容さえほとんど覚えていないのだ。

いや、むしろこう考えるべきだったのかもしれない。ダメダメで、これまで不採用ばっかりだった自分が、さらには会社のことをほとんど知らないままエントリーした人間が……あっさり合格を貰えるなんて、その企業は大丈夫なのだろうか、と。

そんなことさえも、浮かれていた自分は……全く考えることもなく。

果たして、





「っっっ何っだよこれぇぇぇ――――――!?」

入社初日から、盛大な悲鳴を上げることになる。

それから……





一ヶ月と、少し経った頃のこと。


***


「――――――沢田くん、前に発売された、このシリーズなんだけど……」
「うわぁっ!」

パソコンの画面とにらめっこをしていたツナは、不意に横からニュッと出てきた物体に、思わず椅子から転げ落ちそうになった。見れば、いつの間にかすぐ隣に立っていたのは、先輩の女性社員で。

そして、その手に握られているのが、

「せ、先輩!いきなりは止めてくださいって!」
「なに?沢田くんてば、まだ慣れないの?」
「あ、あ、当たり前でしょう!こ、こんな……」

派手な色の、明らかに卑猥な形状をした……いわゆる“バイブ”と呼ばれる、大人の玩具だった。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ