Main4

□歪愛
1ページ/31ページ






何が嘘で、何が本当なのか。

何が正しくて、何が間違っているのか。





たとえそれが、誰にも分からなくとも構わない。





全ては、確かなことは―――――たった一つ。





それは、そう……とうの昔に―――――





***


『―――ツナさん』


―――やめろ―――


『なぁ、ツナ―――』


やめろ……近寄るな―――


『ツナ、分かっているのだろう?』


うるさいうるさいうるさい―――


『外の世界は危険で、汚くて―――醜い。ここにいるのが、一番の幸せなんだよ?』


―――嘘だ。そんなのは嘘だ。

お前らが、お前らが奪ったんだ。何もかも、全部―――


『ここなら一生平和に、楽しく暮らせるんです。僕も、彼らも……お前を愛してやれる』


黙れ―――そんなものいらない。少しも欲しくない。

俺が欲しいのは―――


『ツナさん…俺は、貴方が……』


やめろ――そんな目で、見るな―――

俺を、もう―――――





『―――分かってるんだろう?綱吉』





やめろっ…黙れ……!





『さっさと認めちまえ。お前は―――』





黙れ黙れ黙れっ!

その先を言うな!

その先を―――――





『お前はここから……俺達から、一生逃げられねぇんだよ』





「―――――!!!」





暗い―――微かな月の光が襖の隙間から差し込むだけの、暗い部屋の中。

「―――っ、はぁっ…はぁっ……!」

勢い良く茵から跳ね起きた少年は……激しく脈打つ胸を、手でキツく押さえ付けた。

まるで全力疾走したかのように苦しい呼吸。全身汗だくで、顔や身体にまとわりつく髪や、唯一の衣服である単衣が酷く気持ち悪い。

「っ……!」

それだけではなかった。鉛のように重い身体、鈍く痛む奥深く。そして……熱。

「っ、は……!」

何とか自身を抑えつつ、ゆっくりと辺りを見渡す。

夜も深い時刻。いつもと変わらない部屋。

自身は、今まで眠っていた―――

「っ、くそ……!」

違う。そうじゃない。

「……ゆる、さない……」

呼吸が少しずつ収まるにつれて、奥底から沸き上がってくる感情。

「っ、許さない……!」

自分の目的は。望みは。

そして―――存在意義は。

「絶対に、許さない―――――!」

たった一つ。ただ、それだけのために―――――


***

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ