Main4

□Cute plaything
1ページ/9ページ






「っ、人を…何だと思ってるんだよ……!」
「クフフ……おもちゃ、ですかね」





(それ嘘じゃなかった―――――っ!)


***


「骸ー……あれ?」

良く晴れた休日の昼下がり。ツナは、隣町である黒曜の……元はテーマパークだった黒曜ランドを訪れていた。
かなり昔に閉鎖されたそこは、周りを鬱蒼とした林に囲まれている。建物は見るからにボロボロで中は薄暗く、辺りには割れた窓ガラスの破片や壁や床の瓦礫などが散らばって、今にも崩れ落ちそうなほどだった。

ただその中には、比較的破損が少なく心持ち綺麗に清掃された部屋がいくつか存在する。ツナは、そのうちの一番広い部屋に顔を覗かせたのだ。

廃墟となったはずの空間に、明らかに誰かが使っている痕跡。お化けではない。ここは、歴としたとある人物達が住まいとして使っているのだ。

そしてツナは、そのとある人物に呼び出されて、わざわざこの何とも不気味な場所へやってきたのだが……

「あれー?おかしいな…いない、のかな……」

キョロキョロと中を見渡しても、部屋の主人はどこにもいない。それどころか、この建物に入ってここに来るまでの間、人の気配が全く感じられなかった。

(他の…クローム達は今日はいない、って言ってたけど……)

「むぅ、何だよ…骸が呼び出したくせに……」

静まり返った部屋にぽつんと立ち尽くしながら、ツナは拗ねたように頬を膨らませたのだった。


ツナがこの不気味な城の主人……六道骸に呼び出されるのは珍しいことではない。
こう見えて実はマフィアのボス候補であるツナと、実は昔は敵対していたが今はツナの守護者という地位に収まっている六道骸。二人は、まぁこれまでにいろいろとあったのだが、現在は良く交流するようになった。

ただ交流と言っても、骸の方が気紛れにツナを呼び付けては……

(……ホント、アイツって俺を何だと思ってるんだろ)

会えば嫌味や皮肉を言われ精神的に貶められたり、何をするかと思えば頬をつねったり頭をぐりぐりして肉体的に痛め付けられたりと……はたから見れば、虐められているようにしか感じられないのだが。

それだけでなく、

(っ……な、何思い出してるんだよ俺っ……!)

最近、同居人であるクローム達がいないと決まって行われるイタズラ……いや、やはりイジメなのだが人には言えない行為が頭をよぎって、ツナは頬を染めると慌てて首を振った。虐められているのに、何故照れているのだ、と。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ