Main4

□The sky
1ページ/26ページ






一体、いつからだろうか……





「十代目っ!右腕であるこの俺にお任せ下さい!」
「ツーナ、また面白そうなことやってんのな!」





心の奥底に、言い様のない何かが芽生え始めたのは。





「ツナぁっ!俺っちと遊べー!」
「沢田!極限にボクシングだ!」





いや、ただ気が付かなかっただけで……それは、もうずっと前から自分の中で渦を巻いていたのだろう。

あるいは気付きたくなくて、ずっと知らないフリをしていたのかもしれない。

けれど、





「楽しませてくれないと、すぐに咬み殺しちゃうよ?」
「クフフ……君は、僕の標的であるということをお忘れなく」





(ああ……)





一度その感情に気付いてしまったら、もう誤魔化すことはできない。

仄暗くて淀んだそれは、収まることも消えることもなく……むしろ、どんどん膨れ上がるばかりで。

そして、





「おいダメツナ。そんなんじゃ、立派なマフィアのボスになんかなれねぇぞ」





(ああ…もう、ダメ……)





抑えきれなくなったそれは、やがて―――





***


「十代目が……行方不明!?」

夕刻。もう間もなく日が完全に沈むであろう時間帯。

ごく普通の、とある家の一室に……大きな衝撃が走った。

部屋の中にいるのは、恐らく中学生であろう、学生服を着た三人の少年達。
そして、何故か漆黒のボルサリーノにスーツを身に付けた、一人の赤ん坊。

ちなみに、部屋の主人は今この場にはいない。何故ならば、

「そ、それはどういうことですかリボーンさん!」
「そうだぜ小僧!ツナが行方不明って……」
「極限、詳しく教えるのだ!」

その部屋の主人というのが、今話に出ている……沢田綱吉その人だったからだ。


沢田綱吉……ツナは、中学に上がるまでいたって平凡な生活を送る普通の少年だった。

だがある日、イタリアからやって来た……このリボーンと呼ばれた赤ん坊に、自分は実はボンゴレファミリーというマフィアの正統後継者であることを告げられて。

それからというもの、ツナの平凡な生活は一変した。
立派なマフィアのボスになるため、と有無を言わさず過酷な修行を受けるはめになったのだ。

それだけではなく、様々な事件に巻き込まれたり、十代目候補である自分を狙う存在と何度も死闘を繰り返したり……命の危険にさらされたこともたくさんあった。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ