Main4

□鎖縁
1ページ/10ページ



平穏な日常など、一瞬で崩れ去ってしまう。

いや……思えばもっと前から、自分にそんなものはなかった。

だからこれは……恐らくほんの少しの時間だけ与えられていた、唯一の平穏だったのだろう。


***


「ふぅ……」

閑静な住宅街を、一人の少年がゆっくりと歩いていた。
柔らかい薄茶色の髪に、同じ色の大きな瞳。女の子のような顔立ちだが、着ている学校指定の制服は男子のものだ。
恐らく中学生だろうが、幼い顔立ちと小柄で華奢な身体は、彼をさらに幼く見せていた。

だがそれだけではなく、彼は……大人しくて気の弱そうに見えるが、それでいて何か澄み渡った……普通の人間とはどこか違う、清廉された何かをまとっているように感じられる……そんな少年だった。

片方の肩に学校の鞄をかけて、もう片方の手に持つのは近くにあるスーパーの袋。夕飯の買い物だろうか、中には野菜などが入っていた。

それからどれくらい歩いただろうか。しばらくしてたどり着いたのは……小さいが小奇麗なマンションで。少年は玄関を抜けるとエレベーターで数階上へ上がり、その階にある一室へと向かった。

そこまでは、何の変わりもなかったのだ。

だが、

「ぇ……?」

いつものように、鍵のかかっているドアを開けて、他に誰もいない自分の住まいに入るつもりだった。

だが、

「っ…何、で……」

自分の部屋の前には、複数の男達がいて。少年は、そこにいた彼らに……特に、一番前に立っていた人物に一瞬思考を停止させた。

「……お久しぶりですね。ツナさん」

それは少年よりも少し年上の、どこかの高校の制服を着た男で。だがこちらは、大人びた顔立ちに落ち着いた雰囲気のためもっと年上にも見えた。

それだけなら、まだ普通だったかもしれない。

だが、その男の後ろには……

「すみません、こんなに大勢で押し掛けてしまって」

がっしりとしたたくましい体付きに、黒のスーツとサングラスを身に付けた大人の男達が複数名控えていたのだ。格好だけではない、その雰囲気は……明らかに、一般の人間とは違って。

そんな男達に迎えられた、ツナと呼ばれた少年は……

「……何か、用……?」

意外にも、大人しそうに見えてしっかりとした声音で、まっすぐに男達を見据えて言った。ただ、その表情には信じられないといった驚きと、少しの怯えが見えたのだが。

だが、高校生らしき男はそれには構わないで、

「我々と一緒に来て下さい。……あの方がお待ちです」
「っ……!」

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ