Main3

□Crimson eyes
1ページ/21ページ



そこは、完全な暗闇だった。

左右を見渡しても何も見えない。何の音も聞こえない。

(ここ…どこ……?)

身体を動かそうとしても上手くできなかった。意識もはっきりしなくて、目の前がぼんやりと霞んで見える。

だが不思議と、怖いとか不安だとかいう気持ちはなかった。全く怖くはないと言えば嘘になるが……ただ、空気がひんやりとしたそこは、どことなく寂しいと感じる場所で。

その時、

『―――――』

(………?)

それまで何の音もしなかったその空間に、微かに何かが聞こえたような気がした。

(な、に……?)

『――、―――!』

(誰…?聞こえない、よ……)

それは、誰かの声だった。何者かが何かを言っている。
だが誰かに聞かせるためのものではないのか、少しも聞き取れなかった。

ただ、微かに聞こえるだけなのにその響きは重く、言葉では言い表わせない激しいものを孕んでいて。

(やだ…聞こえない…もっと……)

何故だろうか。それが酷く不安で、焦りが募っていくのは。

何とか身体を動かして、声のする方へと向かおうとするのだが一歩も動けない。
その間にも、声はだんだん遠く離れていくようで。

(駄目…早く……!)

その時、

『――…ぇ…――て、…る……!』
「っ……!」

真っ暗だった空間に、煌めく何かが一瞬見えたような気がした。

それは、血のように赤い―――





「―――っ!」

そこで、その少年は目を覚ました。勢いよく跳ね起きて、ばくばくと鳴り響く心臓を手で押さえる。

周りを見渡せばそこは暗く、まだ夜だということが分かった。カーテンなどない、ひび割れた窓からは月の光が差し込んでいる。

(ゆ…め……?)

窓から見える、ぼんやりと浮かんだ月を見上げながら、

(また…あの夢だ……)

少年……ツナは、心の中でそう呟いたのだった。


***


ボンゴレ王国……小国だが豊かな自然と恵みの溢れる軍事国家だ。周りを大国に囲まれながらも独立した国家を築き上げているのは、聡明な王の下、屈強な兵士達で編成された軍が守っているからである。

平凡だが穏やかな、平和で住みやすい国。

だがそんなボンゴレも、近頃国を脅かされるような問題を抱えていた。


「おら!さっさと運ばねぇか!」
「す、すみません…!」

王都からさほど離れていない場所に位置する、とある小さな町。たくさんの露店が立ち並ぶ通りの隅で、

「次はこれだ、早く行ってこい!」
「は、はい…!」

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ