Main3

□Welcome home!
1ページ/8ページ



「ひぇぇ寝坊しちゃったよぉぉっ……!」

まだ太陽が完全に昇り切らない、朝の早い時間帯。

とあるマンションの一室で、誰かがバタバタと慌ただしく走り回っていた。

「わぁぁ間に合うかなぁぁ……!」

所々に寝癖を付けて、どこかの学校の制服の上からエプロンを付けるのは、まだ十代半ばくらいの少年。小柄で大きな瞳は、女の子のようにも見える。

その少年は、危なっかしい手つきや足取りで、キッチンに立って食事の準備をしているようだった。まず卵焼きやウインナーなどを焼いて、お弁当箱に詰めていく。恐らく昼食用だろう。
それが終わると、今度は目玉焼きを焼いたりサラダを作ったりしてテーブルに並べ始めた。

どちらも、二人分だ。

「……あー良かったぁ、間に合って」

やがて準備が整って、二枚のトーストが焼き上がるのを待つだけになった頃、

「あ、そろそろ時間だ」

時計を見上げて、そう呟いた少年……ツナは、先ほどまで自分が寝ていた寝室へと向かったのだった。


まだ辺りが暗いうちから、ツナが朝食やお弁当の準備をするのには、理由がある。
それは親が忙しいとか、通っている学校が遠く離れているからではなく。

(もう起きてるかなぁ……?)

寝室に着くと静かにドアを開けて、ツナはそっとベッドへ歩み寄った。キングサイズのそれは、片側だけが盛り上がっていて……そこに、誰かが静かに眠っていた。

その規則正しい寝息を聞いて、無意識に頬を綻ばせると……ツナは、ゆっくりとベッドへ乗り上げる。ぎしり、とスプリングが軋んだがその人物は起きない。

そして、

「……隼人、隼人。朝だよ、起きて?」

眠っている人物の耳元で囁くと、ゆっくりとその肩を揺らした。
それは、銀色の髪が印象的な、酷く整った顔立ちの青年で。布団から覗く身体は衣服を身に付けておらず、しなやかな筋肉が付いていることが分かる。

「ん……」

本当に小さな声で、僅かに揺り起こしただけなのだが……その青年は微かに声を漏らすと、ゆっくりと目を開いた。やがてその瞳が、顔を覗き込んでくる少年の姿を映して、

「……おはようございます、ツナさん」

寝起きだからか、低く擦れた声で挨拶をする。その声音に、穏やかな笑みに、ツナはどきりと心臓を跳ねさせた。

そして、

「いつもの、してくれますか……?」
「……うん」

続けられた言葉に、僅かに頬を染めると、

「……おはよう、隼人」

その唇に、そっとキスをしたのだった。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ