キリリク&記念小説

□ささいな野望(サイト8周年記念SS)
2ページ/7ページ



「千景の裸を公衆の面前に晒したくない」

「バッ……バカだなぁ! 男同士なんだから誰も気にとめない……」

「とは限らない。お前のカラダは色っぽい。いやらしい目で見て来る野郎が一人でもいたら俺は耐えられない」

「そ、その一人はお前だろ!」

「とにかくそういうワケで大浴場はダメ!」

「……はぁい」


めずらしく聞き分けがいい。口を尖らせ伏し目がちだが、頬がピンク色に染まっていて機嫌が悪いようには見えない。

千景は座椅子にどっかりと座った。

そして何かに気づいたのか、あっ、と声をあげた。


「ん? 忘れ物?」

「……いや、ずっと一人で運転さしちゃって悪かったな」

「なんだ、そんなこと」

「途中、起こしてくれてよかったのに」

「眠ってくれてて全然いいよ。俺の運転が上手いから安心してるのかな、ってむしろ自信持てたし」


キスするタイミングばっかうかがってたし、とは言わない。


「うん……お前、上手いのな」


穏やかな笑みを浮かべ、めずらしく褒めてくれる。

なのに俺ときたら。


「へ、何が?」

「だから、運転」

「だけ?」

「……メシ作るのも上手い。ボクシングも、野球も」

「あとは? あとは?」

「……」


エッチは? と単刀直入に訊こうとした矢先。

千景はスックと立ち上がり「大浴場行ってくる!」と宣言した。

下ネタに繋げようとしたのを悟られた。この子ダヌキ、大浴場に逃げようとしてる!


「ま、待って! 俺も……」

「行くんなら、スケベ心は隠せよ!」

「わかったから、待って待って!」


急いで支度をし、千景の後に続いて部屋を出る。

脱衣所でも素早く裸になる千景に対し、邪念を抱く余裕も制止をかける間も無い。天気がいいためか、屋内の大浴場ではなく岩に囲まれた露天風呂を目指す千景。

湯気に紛れて、完全に彼の姿を見失ってしまった。

どこに隠れてんだよ千景ー……と思いながら、とりあえず湯に浸かる。

しばらくして、離れて浸かっていた同年代と思わしき男が、スススッと俺の隣に移動してきた。


「いきなりで申し訳ないけど」

「はい?」

「あなたさ、ボクシングの柚木選手に似てるって言われない?」

「えっ! 別に……マ、マニアックだなそれ」

「マニアックかなぁ? あ、やっぱ正面から見ると激似!」

「そんなに似てますか……」


俺は困り果て、顔を背けた。


「だってボクシング界きってのイケメンて、よく話題になるよ! あっ、もしや本人!? でしょ!?」

「あ、あの……」


面倒だから認めてしまおうか、とあきらめかけたその時、左隣から恋人の声が。


「まぁた言われてるぅ! そうなんすよ、こいつ、よく間違われるんすよ柚木に」

「えっ、違うの!? は、はずかしっ! ……でもよく似てるね!」

「もう、柚木がチャンピオンでいるうちに、そっくりさん番組にでも応募しようかっ」


ね? と俺の顔を覗き込み、いたずら小僧のような笑顔を向ける恋人。

男が離れていく気配を背中で感じながら、恋人に礼を言った。


「ありがとう……」

「ふふふっ、やっぱ言われたなー」


俺の肩を二度叩き、千景は天を仰いで顔を両手で拭った。


「どこに隠れてたの……」

「そこの岩の裏側よ。驚かそうと思って待ってた」


明るく自然に、俺の友達として振る舞う、どこか繊細な笑顔。

なんだかいたたまれなくなった。

このまま俺がここにいたら、また千景に芝居させる破目になるかもしれない……


「俺……先に戻ってる」

「え? 智……」


千景が公共の風呂に逃れるのはいい。

シンプルに逃してやるべきだった。

俺と二人きりで部屋に居る方が、ある意味危険を伴うのだ。

彼の裸を他の野郎の目に晒したくないなんて、単なる俺のわがまま。


浴衣を纏って、俺だけ部屋に直帰する。

備え付けの露天風呂に浸かり、気持ちを落ち着かせた。

短い入浴を終えると、仲居さんが「○時にお食事の用意に伺います」と前もって説明してくれた時刻が迫っている。

ほどなくして二人の仲居さんが現れ、手際よく用意をしてくれた。

彼女たちと入れ替わるように、部屋に戻ってきた千景。


「智哉、部屋の風呂入ったの?」

「うん」

「ちゃんとあったまったか?」

「……うん」


千景の問いかけ方が可愛くて、思わず笑みが零れる。

卓を囲んで向かいに座った千景は、うつむきがちな姿勢で呟いた。


「さっきの、どっちがよかったんだろ……」

「え?」

「本人ですって認めちゃうのと、似てるだけです、って誤魔化すのと。智哉、ほんとはどうしたかった?」

「……そん時によるよ。あの人、悪い人じゃないと思うけど、今日は千景がああゆう対応してくれて助かった」

「ほんとに?」

「ほんと」


_
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ