アルビノガール

□19時間目
1ページ/3ページ


「で、どーしてくれるの・・・。私の部屋・・・、っていうか窓・・・」



(元・窓だった)割れたガラスがキラキラと反射し、存在感をあらわにする



じろりと隣に立っているトラファルガーを睨みつければ、彼は真面目な顔をして私の両肩を両手で掴んできた



「アリア、後の祭りって言葉を知っているか?」



「・・・。」



「・・・。」



「つまり、過ぎたことはしょうがないって、こと・・・?」



「そのと「ふざけんな・・・」ぐっ・・・!!」



その通りと言おうとしていたトラファルガーの言葉を最後まで聞かないで頬にグーパンチ



床に尻餅をつくトラファルガーは自身の顔をさすっている



「痛ェ・・・。」



「・・・自業自得、だから」



まったく、ひとん家壊しといてしょうがないってどういうことよ・・・



・・・。・・・はあ。とりあえず業者さんには後で連絡するとして・・・



「今日は、キッドかキラーの家に、泊めてもらおうかな・・・」



「それは止めろ」



ぼそりと呟いた言葉に過剰に反応したトラファルガーは、へたりこんでいた身体を俊敏に上げて私にまた詰め寄ってきた



っ、近いな、こいつ・・・!


「あ、あなたに命令される筋合いなんて、ない・・・!それに、こんな部屋にしたのは元はと言えば、あなたの・・・」



「ああ、おれの責任だ」



悪気もなくいけしゃあしゃあと言い放つトラファルガー



このやろう・・・



「なら、」



「だから、責任とって今日のところはおれの部屋に泊めさせてやる。だから、ユースタス屋なんか頼るな」



「は・・・?」



私が?トラファルガーの部屋に・・・?



そんなの、



「嫌に決まってる、でしょ・・・」



「嫌だろうとなんだろうとお前は今日はおれの部屋に来い。これは婚約者様からの命令だ」



「・・・、私の婚約者に、そんな権限、ないし・・・」



「うるせェ。ユースタス屋の部屋なんて危ねェんだよ。あいつも男だ、分かってんのか」



「分かってるよ・・・。大体、キッドが女だったら、気色悪いでしょ」



「・・・全然分かってねェじゃねェか。おれが言いたいことは・・・――」



こう言うことだ、と耳元で囁かれる低い声と共にトラファルガーに肩を捕まれ、床に倒れ込んだ




.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ