洋書

□潜む狂気
1ページ/1ページ




時々、恐ろしくなる。
自分は確実に齢を重ねている。
もちろん、彼も年をとらないわけではない。

今のところは…

自分よりはるかに若く、年の離れすぎた兄弟というしかない現状が、ダンテを何より不安にさせる。

もし、バージルが老いることがなければ。
もし、悪魔の血が強まり、不死同然になってしまったとしたら。
そして、自分が死んだ後は…?

だめだ、いけない、と良心らしき声がする。
いつしか想像を振り払えなくなっている自分がいる。



「バージル…」



あんたが欲しくて狂っちまいそうだ








[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ