洋書

□La petit Fille
2ページ/3ページ



「湯を注いだら、蓋をして30秒ほど蒸らす。そうすれば、家庭用の紅茶でもそれなりの風味が出る」
「はーい。ミルクは人肌くらいでいいのよね」
「そうだ。熱しすぎると――」
「膜が張るのよね、ホットミルクになっちゃって」
「その通り。紅茶も熱くなりすぎると香りが飛ぶ。少量なら、ミルクは冷たくてもかまわん」
「了解!」
頭の中のメモ帳に書き付けながら、パティは三つのカップに張られたお湯を捨てる。

パンジーが絵付けされたカップはパティ専用。台座の裏にカギ型の紋様と「1872」の刻印が押されている、立派なアンティークだ。
トリッシュとレディの分もあって、前者はバラ、後者はひなぎくと忘れな草のデザインになっている。
水晶を丸彫りしたグラスに銀の受台と取っ手が付いたカップは、バージルのもの。中国は清代のティーカップだそうだが、彼らは紅茶ではなくグリーンティを入れていたらしい。
扱うときは気を遣うが、こうやって本物に触れられるのはちょっとした楽しみだ。


「ね、バージル」
「なんだ」
「バージルって、主夫みたいよね」
バージルは形の良い眉を複雑そうにしかめて
「……なぜ、トリッシュもレディも、同じことを言うんだ?」
と呟く。
「自覚ないの?」
「自覚も何も…あれと同居していれば、誰だってきちんとした生活を送るようになる」
「……納得」
片付けても一晩で元通りになるゴミの魔窟を思い出せば、自然と頷きも大きくなる。
と、バージルが戸棚から、もう一つ、カップを取り出してきた。
「?みんな出したわよ?」
バージルは優しくパティの頭へ手を置くと、視線をドアの向こうへ移した。

「客人だ」





次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ