洋書

□World End Super Nova
1ページ/4ページ



左右に、続く限りの白い壁

自分の入ってきた白と銀の扉がアクセント。

後ろは、チタンのフレームにガラス張り。
天井まで伸びる、それは夜の星と月と闇の額縁。




WorldEndSuperNova




バージルは目を開けた。
カーテンを開けはなった室内には、蒼い闇と月の光。
時計を見る。午後10時。
ゆっくりと起き上がり、椅子にたたまれた服へと手を伸ばす。
黒い薄手のシャツに白いネクタイを締め、青灰色のジャケットを羽織る。
着替えながら、今見た夢を思い出していた。


真っ白な長い廊下、所々にドアがあるけれど開かないような気がした。
そこに立っている。
なぜか判らないが、ひどく寂しい空間だった。
両端には、一面ガラス張りの窓。そこに映る夜空、星の光、他の建物の光――今いる場所も、とても高い建物なのだろう。

目の前に青く輝く光球。
触れたそれは透明な水晶のようで、月長石を透かした青のきらめきを内部から放っている。
それを手に取る。

そして――。


そこで思考を打ち切り、閻魔刀を呼び出すと階下へと降りていった。




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ