洋書

□※過去―Side Rebellion―
1ページ/2ページ



封印を解く言葉が聞こえた。

今がその時なのか、と、浮上しつつある意識の中で感じた。

そんな“時”など来なければいい。
そう願って、眠りについたはずだった。

だが、私は解き放たれてしまった。


そうならぬようにと、願っていたのに。





過去――Side Rebellion――





スパーダ…今は亡き、敬愛する我が主よ

あなたとて、こんな運命は知りたくなかったはずだろうに…


焼け落ちる白壁、崩れ行く尖塔―主の生きた証も、全て燃え尽きていく。

落命する人影――ああ、高貴な魂が喪われてしまう!――に、零れるはずのない涙を渇望した。
私の目は、無慈悲なる猛火が繰り広げる災厄を、ただ見つめていた。
これすら、定めと呼ぶべきなのか…?
我が主スパーダよ。
あなたは、この禍に涙しただろう。


私の首には、紅く輝く魔界の貴石が絡み付いている。

業火の熱に焼け融けるがごとく。

嘗て託され、今託され、やがて託される、意志と運命。


この結晶が運命の扉を開くものならば、私は扉を閉ざす意志となろう。
彼に私を選んだのは、彼が“意志”を継ぐ者だから。
そうなのだろう、スパーダ?

そして、彼はいまだ若い。
見よ、焦土に在って茫然と自失している。
主よ、あなたの佳偶はかつて、こう歌っていたな。
種は空を仰ぐ、か弱い種たちは長く日の光を待つ、と


その種から萌え出ずる芽は、愚かな時の大鎌に刈り取られてはならない。


まして、時知らぬ炎熱の牢獄に繋がれた輩には――!



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ