洋書

□※過去―Side Dante―
2ページ/3ページ




建物の配置すら不明瞭な焼け跡。
何もかも無くなってしまった。
ダンテの目は、呆然と瓦礫を映していた。


「バージル」


呟いた言葉が、ダンテを一気に現実へと引き戻した。
そうだ、兄はどうしただろう。
助かっているかもしれない。少なくとも、まだ帰路についてはいないはずだ。

――家へ帰っては危険だと知らせなければ。

ダンテの瞳に光が戻った。
それが、不安と紙一重の衝動的な勇気だったとしても。
彼の中に力が戻ってきた。



駆け出そうとしたとき、周囲の地面がえぐれ、何かが噴出した
砂だ。
それも、生臭いような、不快な臭いのする砂。
呻き声とともに、腐敗したぼろきれがぼこぼこと生えてきた。骨にしなびた皮膚をくっつけて。
いびつに歪んだ目が、真っ赤に光っている。

――悪魔…!

ダンテの体は反射的に動いた。


悪魔が鎌を振り上げる。
ダンテはそれを受け身を取りつつ、かわす。
避けたところへ、今度は二つ同時の刃が襲う。
ひゅっ、と鋭く息を吸い、ぎりぎり引き付けて動きを見切る。
大きく跳躍して逃げた、その背後。
勢いよく砂が降り懸かってきた。
「っ!?」
振り返った先には、巨大な杖を振り上げた悪魔。
その呻き声に空気がたわみ、次の瞬間には衝撃波がダンテの足元を直撃した。
吹き飛ばされながらも着地したのはさすがと言うべきか。
だが、体勢を整える暇は与えられなかった。
目の前と背後を詰められた。
バランスを崩した隙を悪魔の刃が薙ぐ。
倒れかける体は、無防備な首筋を刃の軌道上に曝す。

首を吻ねられては、半魔といえど助かることはできない。

見開かれた青い目に刃の切っ先が映った。

だが、それは白いうなじを汚すことはできなかった。
砂の粒子と変じて、目の前で消し飛んだのだ。


悪魔たちが次々と崩れさっていく。



.


.
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ