中くらいの夢・短い夢

□二人の彼。
1ページ/1ページ



『二人の彼。』

ねぇ赤也、どうしてそんなに優しいの?
どうして私が辛い時、隣にいてくれるの。
そんなに嬉しそうに笑わないで、
あなたを傷つけたくないの。
あなたのその笑顔を奪いたくないの。

出会ったときからそうだった。
あなたは何時でも優しくて、一緒にいると安心で
きて、あなたと付き合う子はきっと幸せになれる。
そう思う…。

もう少し早く出会っていたら…ううんきっと何も変わらなかった。

あなたは私の大切な人。


悔しい、泣けてくる。
好きだって思い知らされる。
分からないあなたを、まるで雲のように掴めない詐欺師のあなたを。
だから、知りたくなる。
もっともっと知りたくなる。
そして、また好きだって気付かされる。

きっと、あなたはずっと分からない人。
私を愛してはくれない人。

そんなこと分かっているのに、悔しい位私はあなたが好きで。

あなたは私の大切な人。


私は愛してはくれない人を選んでしまう。
幸せになれないと分かっていても…。

end

藤田麻衣子さんの『二人の彼』という曲を、立海に当てはめてみました。
本当は年上と年下の彼なんですけど、赤也と仁王で。
一方通行で悲しいんですけど、時にはこういうのもいいかと。
連載の続き書けって感じですが、思い立ったので書いてしまいました。



[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ