Long novel

□天空の使者〜序章〜
1ページ/2ページ

「ボス、これを見てください。」


一人の女が、青年に一枚の書類を渡す。


「おいおい、ここでは社長だろ、ここは芸能事務所だぜ。ところで何だっていうんだ?」


「いいから、見てください。」


青年が書類に目を通す。


「おい、これは!いますぐルシフェルを読んでこい!」


「その必要はない。」


青年たちがドアの方を向くと、一人の少年が入ってくるところだった。


「ルシフェル、ちょうどいいところにきた。これをみてくれ。」


青年が少年に書類を見せる。


「ふーん、俺が10代目候補で、アルコバレーノのリボーンがくるとはな。」


「おい、どうするんだ?」

青年が心配そうに聞くと


「クリス社長、心配ない。ただ、協力はしてほしい。ボンゴレに縛りつけられないためにも。」


クリスと呼ばれた青年は微笑みながら

「もちろん、俺にとってはだいじな家族であるルシフェル、いや、綱吉。お前に協力は惜しまない。」


青年がいうと、

「そうですよ、貴方は我々、セイレーン・ファミリーにとって大事存在なのですから。」


女がいうと

「ありがとう、これからが大変だ、霧の匣を使ってドッペルをつくらなきゃ、表で仮面がはがれないようにしなきゃだね。」
            
…そう、本来の俺を知られる訳にはいかない、だから俺は仮面を被り続ける。たとえそれがどんなに苦しいことでも。人を欺くことだとしても、もう、大切なものをうしないたくないから

〜END〜
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ