重要事項


◆1 

管理人・蘇芳璃都が定める、どこからがいけないのかについて.

・自分を抹消(まっしょう)するために他人に依頼(いらい)すること.
・他人を殺すこと.
・自殺の予告.
・殺人.
・それらの勧誘(かんゆう).




いらしてくださったかた、前からいらしてくださっているかた、ありがとうございます.

SNSの在り方を問われる事件を受け、わたくし蘇芳もいわゆる「メンタルサイト」の運営者としてなんらかの記述をしなければならないと思いました.

以下、長文ですが、必ず目を通していただきたいです.

***********


ここは吐き出す場所、自分を確認する場所、居場所です.

わたしは「死にたい」気持ちも、書き込みも否定しません.
今後もそのように使っていただいたらと思います.

しかし、今の日本で「自殺幇助(じさつほうじょ:自殺の手伝いをすること全般)」は認可されていません.

これは法律であり、お願いではなく、絶対の禁止です.

殺人はいけません.
わからない人がいるから明記するのです.


「死にたい」という書き込みを消さない理由はひとつです.
ここでそれを閉ざしてしまったら、その気持ちはどこへいくのでしょう.

わたしは訪問者さんになにもアプローチはしていません.
でも関わりたいと思われたかたは、わたしがここを開いてから、訪問、書き込みや関わりをつづけてくださいました.

日常の変化とそのかたたちの想いがあり、ここにいらしたみなさんが今ご健在かは分かりませんが、何名かのすてきなその後をわたしは本人さんよりうかがっています.

2018/01/11(Thu) 21:24 

◆2 

いくら死にたくても殺される方が簡単でも自殺を依頼するのはいけません.

先述の事件では、死ぬ直前に抵抗したかたもいらっしゃるとか.

とりわけ女性の場合、たんに「殺して楽にしてもらえる」なんてことがあるわけがないのです.
むりやり性のはけぐちにされることは間違いないでしょう.

死にたいと思うのであれば、人に委ねるべきではないとわたしは思います.

*

わたしは自殺を肯定も否定もしません.
死にたいなら死ねよ、という考えはありません.
死なないで、は言いたくありません.

どうでしょう?
あなたの気持ちを大切にした時、あなたはどうしますか.

生きても死んでも苦しい.
そんな苦しさを吐き出したり言葉をかけたりするのが、ここ「青空日和。」.

管理人もみなさまから学ばせていただくことが多くて、みなさまに支えていただいて、いまがあるのです.

2018/01/11(Thu) 21:23 

◆3 


*

管理人・蘇芳が定めるどこからがいけないのかについて.

・自分を抹消するために他人に依頼すること.
・他人を殺すこと.
・自殺の予告.
・殺人.
・それらの勧誘.

まだ足すかもしれませんね.


ちなみに、昨今の事情を受け即座にフォレストの方に問い合わせました.
丁寧なお返事をいただきました.

「文言単体としての書き込みであれば、特に禁止はしておりません」、「書き込みの文面や前後のやりとり、その他の要素を踏まえた上で……事件性があると弊社が判断をした場合には、……措置を取らせていただきます」、「実際にどのような記述が違反に該当するかということに関しましては都度対応とさせていただいております」との事でした.


安心して、書き込んでいいのですよ.
そしてもし、もし現実的に助けがいるようであれば、個別にご連絡ください.
(専用のページがあります)
わたしにできることを模索したいと思います.

2018/01/11(Thu) 21:23 

[TOPへ]
[カスタマイズ]



©フォレストページ